周期性四肢運動障害

脚がぴくぴく、ひざ蹴りも

特徴

寝ているときに足がぴくぴくと動いたり、ひじやひざがすばやく動いたりする動作(不随意運動)が、睡眠中に何度となく繰り返されるのが周期性四肢運動障害です。年齢とともに発症する確率が高くなり、60歳以上では3割にこの症状があるといわれています。

症状

眠っている間につま先や足首がぴくぴくしたり、ひざ蹴りをしたりします。手足が動いてしまうため、深い睡眠が得られず、ときには夜中に目が覚めて、「たくさん寝たはずなのに昼間眠い」と訴える人も多くみられます。本人が自覚していない場合、夜中に目が覚める理由がわからず精神的な不満やストレスとして残ります。高齢者では周期性四肢運動が多くみられても、日常生活の支障が目立たない場合もあり、症状の程度により治療を行うかどうか判断します。

検査方法と診断

睡眠ポリグラフ検査(PSG)によって、0.5秒から5秒持続し反復する手足のぴくつきが、1時間あたり15回以上確認された場合に、周期性四肢運動障害と診断されます。また、この手足のぴくつきによって睡眠が障害され、昼間の生活が維持できない、仕事や学校生活に影響を及ぼすなどの問診で得られた情報も診断基準となります。

治療法と対策

根治療法はまだ解明されていませんが、中枢神経に存在する神経伝達物質ドーパミンの機能障害が関連しているといわれ、ドーパミンを正常に働かせる薬が有効とされています。また、脚にむずむずという不快を感じる「むずむず脚症候群」や、レム睡眠時に身体を動かしてしまう「レム睡眠行動障害」の治療で用いられる抗てんかん薬が処方されることもあります。

カフェイン、アルコール、喫煙は病気を悪化させる因子と考えられていますので、特に就寝前は控えることが大切です。

  • 周期性四肢運動障害のメモ
  • 寝ている間に手足がぴくぴく動く
  • 昼間、ねむい
  • 夜中に目が覚める、深い眠りが得られない
  • ドーパミン作動薬など薬物療法が有効
  • 思いあたる症状がある場合は専門の医療機関を受診してください。

監修:本多 真 先生(東京都医学総合研究所 睡眠プロジェクト)

更新日:2018年10月01日

専門医からのメッセージムービー 過眠・睡眠に関する用語集 過眠症かな?と思ったらセルフチェック 睡眠表 お近くの医療機関 睡眠健康推進機構のサイトへ