トピックス

2019年10月18日

スマホアプリの「スリープ忍者」が登場

少年少女の不眠症状を軽減するためにスマートフォンのアプリケーション「スリープ忍者」が開発され、この実用性や効果を評価するための試験がオーストラリアで実施されました。対象は12~16歳の睡眠に問題のある50人。このアプリの主な目的は、心理教育、刺激の制御、睡眠衛生、睡眠に関する知識提供などです。これには、6つのトレーニングセッション(レッスン)のほかに睡眠追跡機能、睡眠ガイドラインに基づいた推奨就寝時刻、気持ちを落ち着かせるための毎晩の日課を始める呼びかけなどが含まれます。今回の評価試験においてエントリーした参加者の半数以上で6週間のプログラムの半分以上を完了し、3分の1の参加者がプログラムをすべて完了しました。また、不眠症状、睡眠の質、抑うつ症状および不安が有意に改善されたことから、このアプリが少年少女の睡眠の問題を改善する有望な手段であることが2019年のBMJ Open誌で報告されました。

(Werner-Seidler A, et al. BMJ Open. 2019 May 27;9(5):e026502.)

専門医からのメッセージムービー 過眠・睡眠に関する用語集 過眠症かな?と思ったらセルフチェック 睡眠表 お近くの医療機関 睡眠健康推進機構のサイトへ