トピックス

2017年05月22日

高齢者の睡眠 ― 十分に眠っていますか?

年齢を重ねるにしたがって、睡眠の質が変化していることを感じることが多くなります。このような変化がおこるメカニズムを探り、夜中の睡眠の中断が健康にどのような影響を及ぼすのかについて、米国で研究が行われました。夜中に何度も目が覚める状態が続くと、認知症やうつ病といった病気につながることがわかっています。また、健康状態が悪くなると睡眠の問題を引き起こし、悪循環に陥ります。睡眠は生活習慣であり健康を維持するうえで非常に大切だということを覚えておかなければなりません。高齢だから、必要な睡眠がとれないのは仕方のないことと考えていいのだろうかと、カリフォルニア大学バークレー校の研究者らはNeuron誌で述べています。

(2017年4月)

専門医からのメッセージムービー 過眠・睡眠に関する用語集 過眠症かな?と思ったらセルフチェック 睡眠表 お近くの医療機関 睡眠健康推進機構のサイトへ