トピックス

2017年04月14日

目標を達成するにはまず睡眠から

「新年の目標を立てたなら、それを達成するために、しっかり睡眠をとりましょう」とミシガン大学睡眠障害センターの医師が言っています。睡眠不足を気にしない人、あるいは仕事やレジャーを優先して睡眠を犠牲にする人は、十分な成果をあげることができません。健康的な食生活をしたいと思っても、睡眠不足では満腹感を伝えるホルモンが減少し、食欲増進につながるホルモンが増加します。そして深夜にスナック菓子を食べると体重増加につながります。また、運動については、十分な睡眠がスピード、体力、忍耐力を増進することが研究で明らかになっており、睡眠量が少ないと翌日の運動量も少なくなるという研究結果もあります。毎日決まった時間に眠ること、寝室に明かりを持ち込まないこと、をミシガン大学のニュースは伝えています。

(2017年1月)

専門医からのメッセージムービー 過眠・睡眠に関する用語集 過眠症かな?と思ったらセルフチェック 睡眠表 お近くの医療機関 睡眠健康推進機構のサイトへ