トピックス

2016年07月21日

睡眠不足が続くとカフェインを飲んでもまだ眠い

健康な人を対象に睡眠時間を5時間に制限して、コーヒー2杯分のカフェインを1日2回5日間継続して摂取してもらい、その効果を研究しました。はじめの2日間はカフェインの効果が顕著でしたが、3晩目が過ぎるとカフェインの覚醒効果は働かないことが明らかになりました。カフェインは睡眠不足状態の機能を活性化させる刺激剤として広く利用されていることから、この結果は驚きをもって受け止められています。この研究結果は、第30回米国睡眠関係学会連合集会(APSS)で報告されました。

(2016年6月)

専門医からのメッセージムービー 過眠・睡眠に関する用語集 過眠症かな?と思ったらセルフチェック 睡眠表 お近くの医療機関 睡眠健康推進機構のサイトへ