トピックス

2016年06月10日

長めの昼寝はメタボリックシンドロームのリスクを高めるようです

40分以上の昼寝をするとメタボリックシンドロームのリスクが高くなり、30分以下では逆にリスクが少し減少することが明らかになりました。90分以上昼寝するとメタボリックシンドロームのリスクは50%も高くなり、1時間以上では糖尿病リスクが50%も高くなりました。睡眠習慣がメタボリックシンドロームや心血管疾患にどのように影響するのか、とくに昼寝の長さの影響についてさらなる研究が必要です。

肥満になると睡眠時無呼吸のリスクが高まることから、これらの研究結果と関連する可能性が示唆されています。米国心臓病学会からの報告です。

(2016年3月)

専門医からのメッセージムービー 過眠・睡眠に関する用語集 過眠症かな?と思ったらセルフチェック 睡眠表 お近くの医療機関 睡眠健康推進機構のサイトへ