トピックス

2019年07月08日

高血圧と職場のストレスと睡眠障害が重なると心血管に悪影響が出るようです

健康な会社員において職場でのストレスと睡眠障害は心血管疾患に対するリスク因子ですが、高血圧の会社員ではどのような影響が出るのか、ドイツの研究者らが調査しました。職場でのストレス(高い要求に対して小さい裁量権)があり睡眠障害(入眠障害および/または中途覚醒)があるものの心血管疾患および糖尿病のない高血圧の会社員1959人を対象に分析しました。平均追跡期間は17.8年。ストレスが少なく睡眠障害もない人に比べて、ストレスのある人では心血管リスクが1.56倍、睡眠障害のある人では1.76倍、両方ある人では心血管死亡率が2.94倍になりました。冠動脈心疾患のリスクも同様でした。高血圧の会社員では職場でのストレスに睡眠障害が重なると冠動脈のみならず心血管による死亡率が上昇することが明らかになりました。この研究結果は2019年のEuropean Journal of Preventive Cardiology誌(オンライン版)に報告されました。

(Li J, et al. Eur J Prev Cardiol. 2019 Apr 27. オンライン版)

専門医からのメッセージムービー 過眠・睡眠に関する用語集 過眠症かな?と思ったらセルフチェック 睡眠表 お近くの医療機関 睡眠健康推進機構のサイトへ