トピックス

2018年06月07日

長時間労働に睡眠不足が重なると2型糖尿病リスクが高まります

労働時間の長さに伴う睡眠不足が2型糖尿病(T2DM)の発症リスクに及ぼす影響については明らかではありません。そこで、日本の研究者らは長時間労働と2型糖尿病リスクとの関連性およびその関連性に及ぼす睡眠の影響を評価しました。ベースライン時(大半が2008年)に糖尿病ではなかった日本人労働者の男性28,489人と女性4,561人(年齢30~64歳)を対象に調査を行い、およそ4年半にわたり追跡調査した結果、1,975人がT2DMを発症しました。長時間労働とT2DMリスクに関連は認められませんでしたが、睡眠不足を伴う長時間労働では、T2DMリスクが有意に高くなりました。十分な睡眠をとった場合にはリスクの上昇は認められませんでした。長時間労働とT2DMリスクとの関連には睡眠時間の長さが関与しており、睡眠をとることでリスクが緩和されることが、Journal of Epidemiology誌で報告されています。

(2018年2月)

専門医からのメッセージムービー 過眠・睡眠に関する用語集 過眠症かな?と思ったらセルフチェック 睡眠表 お近くの医療機関 睡眠健康推進機構のサイトへ