トピックス

2018年02月06日

不眠症はうつ病発症の引き金になるかもしれません

日本の研究者らは、男性労働者における不眠症とうつ病発症との関連を調査するために、ベースライン時にうつ病でなかった男性840例を対象に3年間のコホート研究を行いました。男性労働者を対象に、うつ病と不眠症に関する自己管理のアンケートを3年間実施した結果、研究期間中に113例にうつ病が認められました。ベースライン時に不眠症[アテネ不眠尺度(AIS)スコア1以上]であった男性は不眠症のなかった男性に比べてうつ病発症リスクが7倍以上高く、AISスコア1~3では5.2倍、AISスコア4以上では10倍でした。不眠症の重症度に伴ってうつ病発症リスクが増加することが明らかになったと日本の研究者らがInternational journal of public health誌で報告しています。

(2017年11月)

専門医からのメッセージムービー 過眠・睡眠に関する用語集 過眠症かな?と思ったらセルフチェック 睡眠表 お近くの医療機関 睡眠健康推進機構のサイトへ