トピックス

2017年09月04日

週末だけ夜更かしすると体調をくずすかもしれません

不眠症や睡眠不足とは異なる「社会的時差ぼけ(social jet lag)」が健康に対する重要なマーカーとして浮かび上がっています。「社会的時差ぼけ」とは、平日と休日で就寝・起床の時間が異なるなど、社会的活動により体内時計と実際の睡眠パターンが一致しなくなる現象のことをいいます。「社会的時差ぼけ」と健康との関連性を、22~60歳の一般の成人984例を対象に米国の研究者らが調査しました。その結果、「社会的時差ぼけ」は、体調不良、心疾患、抑うつ症状、眠気、疲労と関連することが明らかとなりました。平日は規則的な睡眠習慣を守っているのに週末になると夜更かししてしまうという人は、健康を損なう可能性が高まることが、睡眠に関連する第31回年次集会であるSLEEP 2017において米国の研究者らによって発表されました。

(2017年6月)

専門医からのメッセージムービー 過眠・睡眠に関する用語集 過眠症かな?と思ったらセルフチェック 睡眠表 お近くの医療機関 睡眠健康推進機構のサイトへ