トピックス

2016年06月10日

眠たい若者は行動が荒っぽくなるのでしょうか

危険な運転や暴力行為は、しばしば若年者(18~25歳)の怪我や死亡の原因となります。こうした行為と睡眠不足との関連性についての調査が行われています。睡眠は健康な身体と精神状態の維持に重要であるにもかかわらず、仕事や勉強などで青年の睡眠は不足しがちです。特に青年では、行動をつかさどる脳の一部がまだ成長過程にあり睡眠不足によって影響を受けやすいことがわかっています。危険な行動と睡眠不足との関連が明らかにされれば、健康的な睡眠のとり方について対策を練ることができ、ひいては青年の危険な行動を減らすことができるかもしれないとクイーンズランド工科大学の研究者らが報告しています。

(2016年4月)

専門医からのメッセージムービー 過眠・睡眠に関する用語集 過眠症かな?と思ったらセルフチェック 睡眠表 お近くの医療機関 睡眠健康推進機構のサイトへ